沿革

1953(昭和28年)
4月
龍谷寺本堂で託児を始める(日進村保育事業の先駆け)
初代園長に成田米子 就任
1954(昭和29年)
桑原幹根・愛知県知事へ保育園園舎新築申請
4月
400m2、工事324万8700円
5月
日進村委託園として開園 定員120名
1955(昭和30年)
成田米子 日進村村会議員となる(女性議員の草分け)以来9期連続当選
1957(昭和32年)
保育園バス購入
日舞を保育に取り入れる
1958(昭和33年)
町制施行に従い、日進町委託園となる
1959(昭和34年)
9月
伊勢湾台風上陸 伊勢湾台風により園舎全壊 龍谷寺本堂で保育を行う
1960(昭和35年)
鉄筋コンクリート建園舎建築 310.21m2
1972(昭和47年)
現園長 成田ゆき江、保育活動開始
7月
初代理事長 成田芳髓、大本山総持寺監院に就任
1973(昭和48年)
プール購入
父親参観日(親子の集い)開始
1974(昭和49年)
お泊り保育開始
第1回 七夕の夕べ(日東夏祭り)開始
1975(昭和50年)
園舎増築 鉄骨40.881m2を増築
創立20周年記念式典挙行
1976(昭和51年)
4月
社会福祉法人日東保育園認可発足
園舎719.2m2、定員120名
1978(昭和53年)
日東保育園・園章が決まる(本郷、野田幹夫氏デザイン)
長時間保育(午前8時〜午後6時)開始
1歳児保育開始
日東子ども文庫貸出し
1981(昭和56年)
動物の飼育開始(インコ・ウサギ)
1982(昭和57年)
12月
初代理事長 成田芳髓、大本山総持寺副貫首へ就任
1983(昭和58年)
日進町母の会連絡協議会へ参加
1984(昭和59年)
くじゃく小屋建築
1985(昭和60年)
日東子安観音建立
日東音頭が決まる(作詞 丹羽幸子)
9月
30周年記念協賛会、設立(協賛会会員 763名)
1990(平成2年)
米作りを始める
1991(平成3年)
3月
初代園長 成田米子 退任
1992(平成4年)
2代目園長に成田ゆき江が就任
なかよし教室開始
初代園長 成田米子、勲五等宝冠章を受章
1993(平成5年)
園庭拡張工事実施
1994(平成6年)
4月
双葉会設立(卒園児 1,700余名)
5月
創立40周年記念講演会開催 講師:松居直氏 演題「言葉の消える時代」
1996(平成8年)
初代理事長 成田芳髓、大本山総持寺貫首へ就任
7月
日進市子育て支援センターを運営開始
1998(平成10年)
初代理事長 成田芳髓、遷化
2代目理事長に成田米子が就任
1999(平成11年)
4月
第1回芳桜茶会開始
7月
日東しあわせの龍が夏祭りに登場
3月
お遊戯会を市民会館で行う
2001(平成13年)
11月
NHKテレビに「日東こどもばやし」出演
2002(平成14年)
2月
長野県平谷村へお別れスキー遠足開始
10月
日東保育園園舎改築工事開始
2003(平成15年)
1月
創立50周年協賛会設立
8月
[26日] 日東保育園園舎改築工事竣工式挙行 RC2階建 1,412.38m2
完全給食実施
2004(平成16年)
4月
50周年記念講演会開催 講師:松居直先生 演題「絵本・ことばのよろこび」
一時保育事業開始
早朝延長保育開始(午前7:15〜午後7:15)
生後3ヶ月児の受け入れ開始
定員120名
5月
創立50周年記念式典挙行
卒園児 2,189名
稚児行列 625名参加
10月
初代園長 成田米子 逝去
2005(平成17年)
愛地球博 愛知県館「日東幸せの龍」「日舞」「日東子どもばやし」出演
日本財団より園バスの補助を受ける
2才児サンテラス整備
2007(平成19年)
愛知県の委託を受けて「命を大切にする心を育てる保育」を1年間実施
ひまわり迷路・ひまわり種の風船とばし等
2009(平成21年)
11月
0才児保育室増築 49.5m2
大型運動遊具「どうぶつマウンテン」設置
芝生遊び場整備
2010(平成22年)
4月
定員170名となる
柳沢運動プログラムを取り入れる
コスモス畑整備
10月
日東子育て支援センターが日進市ホットサポート事業東拠点となる
2011(平成23年)
人工芝エリア整備
園舎ガラスに飛散防止フィルム貼付
2012(平成24年)
駐車場整備